amazonプライム YouTube・Twitch

【高画質1080p60fps】最新ゲームキャプチャー比較レビュー!

最終更新日: 2018/06/06

ゲーム実況をするのに高画質でキレイな配信をしたいと思いませんか。
今回はゲームを録画やライブ配信するためのゲームキャプチャーボードをそれぞれ比較レビューしてみました。

今回比較したゲームキャプチャーボードはこちらの6種

  • Elgato Game Capture HD60S
  • AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550
  • SKNET MonsterX U3.0R SK-MVXU3R
  • LinkStable HD Game Capture
  • AGPtEK HDMIゲームキャプチャー
  • AGPtEK 1080p対応小型ビデオキャプチャーデバイス

今回の比較は高画質でのゲーム実況を実現させるための比較レビューになりますので、性能重視でおすすめをご紹介します。
以下は独断ですが、おすすめできるゲームキャプチャーボード、おすすめできないゲームキャプチャーボードに分けています。
参考にしていただければと思います。

 

おすすめするゲームキャプチャーボードの基準

できる限りソフトウェアエンコードタイプの生データをPCで取り込めるものが理想。ハードウェアエンコードも良いのですが、自分のやっているゲームに合った最高画質でエンコードできるコーデックを利用したいので基本はソフトウェアエンコードを基準としてます。

最近のHDMIゲームキャプチャーボードはパススルー機能がついており、キャプチャーによる遅延は気にすることはないので、遅延に対しては比較していません。

  • 画質やフレームレート
  • 金額や付属機能
  • 機能の便利さや接続の手軽さ

を中心に比較しておすすめを選んでみました。

ちなみにこちらは最近ライブ放送したyoutubeです。
ライブ放送にしては高画質で配信出来ているかと思います。ゲーム内容についてはふれないでください笑
今回使用したのは【AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550】です。もちろんElgato Game Capture HD60Sでも高画質配信ができます。
https://www.youtube.com/watch?v=7jF6kaW2MdE&list=PLC4dBVuBFTspG3VLwBso-JJmZ18a19IlS&index=0

 

まずは『おすすめ!』ゲーム用キャプチャーボード

Elgato Game Capture HD60S

絶対おすすめ!最高画質で簡単コンパクトサイズ!

比較おすすめ度
キャプチャーボード解像度  HD1080p/60fps
付属ソフトウェア  Game Capture(Win/Mac)ダウンロード版のみ
対応OS  Windows 10 (64-ビット)、Mac:OS Sierra以降
システム要件(CPU)  Intel® Core™ i5-4xxx 以上 Haswell 以上的な感じ?(※正直 推奨スペックはあてになりません)
接続方式  USB 3.0インターフェイス
映像入力端子  HDMI、3.5mmのMIC IN
録画方式  付属ソフト H.264/40Mbps 、各種 OBSやアマレコなど利用可能
録画ファイル形式  付属ソフト MP4、各種OBSやアマレコなどの場合はコーデックに依存しますね(AVI、MP4、WMV他)
映像遅延  1秒未満
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャーボード画像の比較
キャプチャーボード映像の比較
おすすめポイント
  • 取り込み画質は最高
  • とにかくコンパクトサイズ
  • 繋げばとりあえず使える
  • デザインがスマート

気になる点

  • 価格が微妙に高いが、質を買う感じ
  • 映像の配信設定や録画設定中にパススルーが一瞬途切れる
    (配信や録画は途切れない)

Elgato Game Capture HD60Sの比較レビュー 

小さくてコンパクトなのに超高画質で取り込め、配線を繋げたらすぐ利用できる。映像や音声の入力などうまくいかないときは、専用のGame CaptureソフトをインストールすればドライバーなどもインストールされアマレコやOBSでも簡単に設定できます。やはりサイズが小さくてスマートなデザインなので使いやすく設置もしやすい。
僕は色々使っていましたが、現在はこれに乗り換えました(^^)/
Elgato Game Capture HD60 S

 

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550

こちらもおすすめ!高画質でオールインワン

比較おすすめ度  
キャプチャーボード解像度  HD1080p/60fps
付属ソフトウェア
対応OS Amazonでは『OS not machine specific』と書かれているのに公式サイトでは『Windows 10 / 8.1 / 7(64/32ビット)』らしいです。たぶんwindowsだけですね!
システム要件(CPU)  Intel® Core™ i5-4440 3.10GHz 以上、なのでHaswell 以上ということです(※正直 推奨スペックはあてになりません)
接続方式  USB 3.0インターフェイス
映像入力端子  HDMI、コンポーネント端子(RCA)、なんと3.5mmのAUXとMICの音声が二つも入れれます。
録画方式  付属ソフト MP4、各種 OBSやアマレコなど利用可能
録画ファイル形式  付属ソフト MP4、各種OBSやアマレコなどの場合はコーデックに依存しますね(AVI、MP4、WMV他)
映像遅延  1秒未満
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャーボード画像の比較
キャプチャーボード映像の比較
おすすめポイント
  • 取り込み画質は最高
  • 古いゲーム機でも録画配信が利用可能
  • PCが無くても本体だけで録画もできる

気になる点

  • 価格が少し高すぎる
  • 多機能なため必要ない機能も多い

AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550の比較レビュー 

つなげるだけでは利用できず、ドライバーをホームページよりダウンロードすることで利用が可能になった。また専用のソフトもホームページからダウンロードが可能でそれを利用するのが一番良いのかもしれません。ドライバーなどインストール後ならアマレコやOBSで利用可能です。特殊ですがデバイス本体で3.5mmのAUXとMICの2個の外部音声入力があります。サンプラーを繋げて効果オンや音楽なども出せるし、ミキサーなども接続すれば色々幅は広がります。それとやはりレトロ機器が利用できるのも注目ですね!RCAケーブル(コンポーネント)の線でファミコンなど古い機種でも利用できる。
AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550

 

SKNET MonsterX U3.0R SK-MVXU3R

高画質で少し安価でゲームの種類を考えれば超おすすめ!

比較おすすめ度  
キャプチャーボード解像度  HD1080p/60fps
付属ソフトウェア  非圧縮録画ソフトウェアあり
対応OS  Windows®10 / Windows®8.1/Windows®7 各OS(32Bit/64Bit)日本語版のみ
システム要件(CPU)  Intel Core i5プロセッサ 2.4GHz同等以上(非圧縮録画時)※正直この程度のCPUでは非圧縮録画は無理な気がします
接続方式   USB 3.0インターフェイス
映像入力端子  HDMI
録画方式  付属ソフトの場合 AVI形式(非圧縮)、各種 OBSやアマレコなど利用可能
録画ファイル形式  付属ソフトの場合 AVI形式、各種OBSやアマレコなどの場合はコーデックに依存しますね(MP4、WMV他)
映像遅延  1秒未満
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャーボード画像の比較  
キャプチャーボード映像の比較

SKNET MonsterX U3.0R SK-MVXU3Rの比較レビュー 

つなげばすぐに利用可能、高画質で生データを取り込むことができるが、少し暗く感じるようなコントラストが高めだ。H.264のエンコードでキレイに収まるゲームなら問題ないし、逆にきれいだ。例えばオーバーウォッチやマリオ関連、ドラクエやスマホゲームはOK!逆に夜のような演出があるゲームは厳しいかもしれません、例えばゴーストリコン、R6S、モンハン、ダクソなどは暗くなりすぎてします。PC1台でフル画面録画をしたい場合でも外部スイッチを機器につければボタンを外部で押すだけでPC録画ができますが、多少の不安もあります。ですが、金額的にはこの良い画質であれば安い価格帯となりますので、コスパは最強です。
→ MonsterX U3.0R SK-MVXU3R

 

 

高画質配信で『おすすめではない』キャプチャーボード

高画質としてはおすすめできないものですが、コスパで考えたら利用するには十分かもしれません。
ただし、画質は保証できませんので僕としてはおすすめできません!

AGPtEK HDMIゲームキャプチャーボード

動きの速いものはNG、レトロゲームやアドベンチャー向き

比較おすすめ度  
キャプチャー解像度  HD1080p/60fps
付属ソフトウェア  なし
対応OS Windows 7,8,10, OS X 10.9 とそれ以降、Linux(不明な点が多い)
システム要件(CPU)  こちらも上のAGPtEKと同様に記載されていませんが、これたぶんハードウェアエンコードされてる気がします 笑
CPUの負荷は少ないと思います。
※『映像を圧縮、劣化させることなく、そのままパソコンに転送』と書かれているがビックリするくらい劣化してます。
接続方式   USB 3.0インターフェイス
映像入力端子  HDMI
録画方式  各種 OBSやアマレコなど利用可能なので利用ソフトによります
録画ファイル形式  各種OBSやアマレコなどの場合はコーデックに依存しますね(AVI、MP4、WMV他)
映像遅延  1秒未満
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャー画像の比較  
キャプチャー映像の比較

気になる点

  • 8000円~10000円の安いものと画質は同じなのにソコソコ高い
  • 映像信号が途切れるとデバイスが認識しない場合がある
    (どのキャプチャーでも起こる可能性あり)
  • 圧縮、劣化なしの画質とは思えない画質の悪さです

AGPtEK HDMIゲームキャプチャーの比較レビュー 

意味が分からない『フルHD 1920x1080p 60fpsの映像を圧縮、劣化させることなく、そのままパソコンに転送することができます。』と書かれているが、劣化しまくりの映像しか表示できなかった、これも上で紹介したものと中身は同じようだ。元々は中国メーカーだったが、アメリカに本拠地を移しアメリカブランドして販売しているが、この手の商品はすべて中身が同じなので、おすすめできない。
逆にハードウェアエンコードだったとしたら、低スペックのノートPCなどでも取り込みが可能かもしれません。※未確認です、スペックの低いPCをゲットしたら試してみます。
どうもH.264ハードウェアエンコードが中でされてるんじゃないかと疑っています。それも低ビットレートです。遅延などで調べてみようかと思います。

 

LinkStable HD Game Capture

金額のわりに内容は『うーん・・・』って感じ

比較おすすめ度  
キャプチャー解像度  HD1080p/60fps
付属ソフトウェア  なし
対応OS  Windows® 7 / 8 / 8.1 / 10 (32/64ビット)
システム要件(CPU)  CPU: i5 Dual Core 2.8GHz以上、これたぶんハードウェアエンコードされてる気がします 笑
CPUの負荷は少ないと思います。
※『映像を圧縮、劣化させることなく、そのままパソコンに転送』と書かれているがビックリするくらい劣化してます。
接続方式   USB 3.0インターフェイス
映像入力端子  HDMI
録画方式  各種 OBSやアマレコなど利用可能なので利用ソフトによります
録画ファイル形式  各種OBSやアマレコなどの場合はコーデックに依存しますね(AVI、MP4、WMV他)
映像遅延  1秒未満
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャー画像の比較
キャプチャー映像の比較

気になる点

  • とにかく生データとは思えない画質の低さです
  • 映像信号が途切れるとキャプチャーボードが認識しない場合がある
    (※Amazonのレビューにも書かれているので不具合ではなくデフォルトであり、USBを抜き差ししたり、再起動すれば直る)

LinkStable HD Game Captureの比較レビュー 

RAW動画キャプチャが可能とあるが、何をどう見たらRAW動画キャプチャなのかわからないくらい画質が良くない。この1万前後のゲームキャプチャーボードは全部中身が同じだ。外観とブランドが違うだけで正直、これで画質に満足というレビューは不思議でしょうがない・・・この手のやつを買うなら中身が全部同じなので、7000円くらいのやつを買うと良いです。7000円くらいなら使い道はありそうで値段相応の性能と考えれます。どうもH.264ハードウェアエンコードが中でされてるんじゃないかと疑っています。こちらも低ビットレートです。遅延などで調べてみようかと思います。

 

AGPtEK 1080p対応小型ビデオキャプチャーデバイス

とりあえず録画するだけのもの

比較おすすめ度  
キャプチャーボード解像度  HD1080p/30fps 
付属ソフトウェア なし
対応OS OS利用なし
システム要件(CPU) PC利用なし
接続方式 USB 2.0インターフェイス
映像入力端子 HDMI
録画方式 SDカードに保存されるハードウェアエンコード録画
録画ファイル形式 (ビデオ)MP4(音声)AAC
映像遅延  なし
パススルー出力の有無  HDMIパススルー有り
キャプチャーボード映像の比較
おすすめポイント
  • 画質は良くないが安い
  • とにかく便利に使えるかも
  • PCが無くても本体だけで録画もできる

気になる点

  • 画質は良くないですね
  • ACアダプタで電源が必要になります
  • 録画中は確認できないので不安、まれに止まったこともあります

AGPtEK 1080p対応小型ビデオキャプチャーデバイスの比較レビュー 

HD画質(最大1080p/30fps)PC不要で録画「パススルー出力」H.264ハードウェアエンコーダー搭載、ただし画質は良くない。アクション、FPS、TPSなどには無理があります。
PCが無くてもHDMIを差し込むだけでボタン一つで録画できます、SDカードに保存されるファイルは一定時間ごとに分割されて保存されますが、音声も映像も途切れることはありませんでした。またPCがその場になくても録画できる点は素晴らしく、外出先でササっとつなげるだけでテレビでも映画でもゲームでも録画できてこの金額であればお得かもしれません。テレビなどであれば十分きれいです。
どうも上の二機種と同じ画質になるので、中身これなんじゃない?って気がしてきたけどFPSが30と60だもんなー調べてみよう

 

キャプチャーボード比較【番外編】

KanaaN HDMIスプリッター(PS3 HDCP回避)

機能としてはHDMIを2分配(合わせてHDCP回避する)

比較おすすめ度  
キャプチャーボード解像度 1080pをサポート 
付属ソフトウェア なし
対応OS OS利用なし
システム要件(CPU) PC利用なし
接続方式 PCとの接続なし、HDMI
映像入力端子 HDMI(IN)1つ HDMI(OUT)2つ
映像遅延  なし
機能 HDCP(映像保護信号)を回避し録画可能にする、HDMIを2つに分配する
おすすめポイント
  • PS3の映像を録画、配信できるようになる
  • 安い

気になる点

  • まれにノイズが入ることがある
  • 画質の低下も多少みられる
  • PS4のHDCP回避は不安定

KanaaN HDMIスプリッター(PS3 HDCP回避)の比較レビュー 

PS3はもともとHDCP(映像保護信号)で映像が保護されており、録画や配信ができないようになっています。このHDCPをこのスプリッターに通すことによって解除することができ、録画や配信が可能となる商品です。PS4も保護されているのですが、設定からON/OFFが可能の為『KanaaN HDMIスプリッター』を利用しなくても配信・録画が可能なので問題ありません、PS4で利用することもできますが、環境によっては非常に不安定になります。ですがPS3のゲームをキャプチャーして配信するならこれが必須になりますね!
→ KanaaN HDMIスプリッター

 

おすすめゲームキャプチャーボードは色々ある

今回は6種類のメーカのキャプチャーボードを買ってみて比べて見ましたが、ちょうどよいというキャプチャーボードはなく、『すごく良い』か『すごく悪い』という感じでした。一番のおすすめは金額もソコソコ高いのですが、『Elgato Game Capture HD60 S』が良かったです。画質はキレイ、コンパクトでスタイル良い、価格も17000円程度と少し頑張れば買えるかもっという価格。逆に10000円くらいのキャプチャーボードは正直きびしいですね。高画質とは程遠い感じでもあり、おすすめはできません。

今後も、もう少しamazon内を潜って安くてよいキャプチャーボードやユニットがないか調べていこうと思います。

おすすめの記事

【amazonプライム徹底解析】amazonプライムは入った方がお得?

amazonプライムを知っていますか?amazonに年会費を支払って有料会員になることで、お急ぎ便が使えたり、動画や音楽が自由に視聴できたりと様々な特典があります。でも、わざわざ年会費まで払ってまで入 ...

【最新】4Kディスプレイのおすすめ!「今が買い時4Kモニター」

最近では既存のフルHDよりも更に解像度が高く、きめ細かな画質でより繊細な映像を堪能できるような4Kモニターが出てきました。 今回はそんな綺麗な映像を楽しめる、おすすめの4Kディスプレイについてやその選 ...

超切れる「TRUSCO テープカッター TEX-226」を買ってみたし。

最近、段ボールで梱包することがたまにあり、梱包用にテープを貼ったり切ったりする「テープカッター」を買ったんです。 これ↓ セキスイ STSテープカッター OPPテープ用   使ってみたんだ。 ...

#LIVE 13【ホラーDead by Daylight 】も13回目の放送

Dead by Daylight 13回目放送 今回で13回目の放送となる「Dead by Daylight」なんですが、やっぱ怖いですねー いつも「Discord」というアプリを使ってVC(ボイスチ ...

【最新モニターアームレビュー】Loctekガス圧式デュアルモニターアームD8Dを使ってみた!

  ジャンクライフはゲーム実況や仕事なども含めて最近ではモニターを2面使うことが多くなってきています。僕もゲーム実況や仕事関連で2台のPCとPS4などのゲーム機を数台利用してるのでデュアルモ ...

-amazonプライム, YouTube・Twitch

ただいまの注目の記事

1
【2018年】Amazonサイバーマンデーいつ?年末セールのおすすめ商品

皆さんはAmazonサイバーマンデーに毎年参加されていますか?amazonプライムは通常に購入しても安くて早くて便利です。『Amazonサイバーマンデー』はかなりすごいことになっていますので、amaz ...

2
Amazonのタブレット「Fire」はプライムデーなどセールが超お得!?

今回は非常に低価格で入手できるアマゾンのFireタブレットについて、その特徴や各種モデル・オススメの周辺機器について紹介していきたいと思います。 またプライムデーなどセールでもお得に購入できるのでおす ...

3
Amazonキンドル(Kindle)本体のセールで一番お得な日はいつ?サイバーマンデーは?

アマゾンの各セール詳細はこちら! アマゾンプライムデー『Amazon夏の特大セール』 アマゾンプライムデー『夏のセールのおすすめ目玉商品』 アマゾンサイバーマンデー『Amazon年末の特大セール』 ア ...

4
【最新】Amazonおすすめ商品『僕がAmazonで買って良かったもの』

年間Amazonでいくら使ってるんだろう。 ってくらいジャンクライフでは購入してるし、ビデオ見てるし、音楽聞いてるし、おすすめのtwitchプライム使いまくってるし。 そんな僕が最近買ったもので、ほん ...