Fifine FIFINE K669B K669 K669B USBマイク ガジェット・ゲーム機 ゲーム実況 コンデンサーマイク

FIFINEのUSBコンデンサーマイク『K669B』コスパ最強のゲーム実況マイクをレビュー(PC・PS4・SWITCH・XBOX対応)

更新日:

FIFINEのUSBコンデンサーマイク『K669B』はPC、PS4、Xbox、Switchで使えるマイクです。

FIFINE USBコンデンサーマイク K669

Amazonセール ポイント

2020年大人気のマイクとして品薄が続いているコンデンサーマイクです。音質、価格ともに優れているので価格も高騰しています。FIFINE(ファイファイン)はマイクを中心にオーディオ機器を開発しているメーカーでここ数年でとても良い商品を多くリリースされています。

今回はFIFINEのUSBコンデンサーマイク『K669B』を使って音質のチェックや他のマイクなどで比較をしてみようと思います。

  • FIFINE『K669B』は本当に良い?
  • 『K669B』を他のマイクと音質比較の結果
  • 『K669B』でゲーム実況してみた

購入を考えている場合はぜひ参考にしてみてください。音質比較はわかりやすく聞こえると思います。

 

FIFINE(ファイファイン)とは?

2009年に設立されたマイクのブランド『FIFINE MICROPHONE』。どうやら本部はアメリカらしいです。最初は値段も安いので中国のブランドかな?とか思いつつ調べていくと元からアメリカっぽいです。FIFINEの方だと思うのですが、僕のTWITTERにもフォローやイイネなどもらっているのですが、ほぼアメリカの方です。

FIFINE MICROPHONEはたった10年でAmazonのグローバル販売網を使うことで世界に名前が広がるほどの知名度になりました。現在では安くて高性能のマイクとして人気で、品薄が続く状態です。

そんな人気のマイクの一つ単一指向性の『K669B』を手にすることができたので、どんなもんなのか?性能や使いやすさなど調べてみます。

 

コンデンサーマイクってなに?

簡単に、簡単に、簡単に!笑 コンデンサマイクとは何か?説明しますね。

見た目はこんな感じで違います。

コンデンサーマイク ダイナミックマイク
値段が高い 値段は色々
壊れやすい 壊れにくい
繊細な音まで拾える マイクに近い音だけ拾う
電源が必要 電源必要なし

これだけ見ると何が良いのかさっぱりわかりませんよね(笑

コンデンサーマイクの良い部分だけ簡単に説明すると

繊細な音まで拾えるので、臨場感やウィスパーボイスなど息遣いなども拾える。また収音性が高いのでマイクの位置が離れていても声を拾ってくれる。

簡単に言うと

『イケボになれる』
『見た目がいい』
『プロっぽい』

以上です!

やっぱり声がきれいに聞こえます、これが一番重要ですね。プロの音楽スタジオなどで使われるマイクもほぼコンデンサーマイクで、Neumannとかのマイクだと20万とか30万なんて普通にあります。

今回紹介する『FIFINE K669B』は3000円~6000円くらいで単一指向性というタイプのマイクです。この価格でクオリティ高いのです。

『FIFINE K669B』の概要

仕様も性能表もごく普通のマイクです。

FIFINE K669B スペック

仕様

  • モデル:K669B
  • 指向特性:単一指向性
  • 周波数特性:20HZ-20KHZ
  • 正面感度:-34dB±30%(1kHz内)
  • 負荷インピーダンス:≧1000Ω
  • S/N比:78dB

『K669B』はPC、PS4、Xbox、Switchで使えるマイクです。

パッケージの内容

  • USBコンデンサーマイク(USBマイクコード付き)
  • 金属製三脚マイクスタンド
  • 日本語取扱説明書

FIFINE K669B カラー

色は2色で今回紹介する『ブラック K669B』とピンク色っぽい『標準色 K669』の2種類です。僕はブラックを持っているのですが、実はこっちのピンクの方が良く見えてきて、買い替えようか考え中なんです。

ピンクのやつも良いですよね!迷う(; ・`д・´)

FIFINE K669Bを開封

FIFINE K669Bの中身

入っている物はとってもシンプルで、

  • FIFINE K669B 本体
  • マイクスタンド
  • 説明書(日本語)
  • 日本語サポートの挨拶カード

余分なものは何も入ってないです。K669B 本体マイクをスタンドにつけたら完成。

 

FIFINE K669B 本体はUSB付き

この価格でこのクオリティはすごいですね。重量感もありしっかりと金属でかなり頑丈なつくりになっています。それなのに細かい部分は繊細に妥協無しに作られている感じですね。素晴らしい!

 

FIFINE K669B 付属品はスタンドだけ

ごく普通のスタンドですが本体に取り付けるネジの部分など、かなりシックリくるつくりになっていて品質も良く丈夫ですね。

 

FIFINE K669B 説明書と挨拶カード

説明書は日本語でしっかりしています。問題はありません。また挨拶カードみたいなメッセージカードには、日本向けのサポート窓口の案内やお礼のメッセージが込められていました。こういう心遣いも日本向きですね。

 

FIFINE K669B本体の重さやサイズ感

サイズ的には小ぶりな手のひらサイズ。コンデンサーマイクとしても少し小さめです。

 

重さは256gとずっしりな重さ。マイクが軽いと不安になりますよね。これだけの重さはしっかりと金属で作られていて頑丈に作られている証拠ですね。コンデンサーマイクは衝撃にも弱いのでK669Bは頑丈で優れています。

 

FIFINE K669Bを使ってみる

早速PS4とSwitch、PCでつなげてマイクのチェックをしてみました。

音質テストしてみます

早速ですが、FIFINE K669Bを使ってゲーム実況をしてみました。マイクの音質はどうでしょうか?
ゲームの腕前は気にしないでくださいね(;´・ω・)

マイクテスト『CoDMW マルチプレイ』

口元からマイクまで20cm~25cmくらいで実況しています

コンデンサーマイクなのでキーボードの音を良く拾っちゃってる感じはしますね。単一指向性の範囲外の音も結構拾う感じ。

声の音質はどうでしょうか?
わりとホワイトノイズも少なくキレイに聞こえてるんじゃないでしょうか。今回ポップガードもつけなかったので、息が漏れちゃってる部分もあります。ポップガードつければ息は改善されるので問題ないですね。

僕が感じたマイクお感想は声の音質はかなり良いですね。また少しリバーブがかかるような広がりもありますが、気にならない程度でした。
あと、音量がすごい大きいです。ボリュームをかなり絞ってるけど、かなり出てました。これは僕としては良い点だと思います。

音質:
音量:
使いやすさ:

  • キーやボタンの音も拾う
  • そのままで音量はかなり大きい
  • PCのファンの音も拾う
  • 音質はすごく良い!
  • すこしザラついた声になる

マイクの置き方にちょっと注意が必要かもしれません。単一指向性だとしても向きはしっかり考えないと、環境音を拾い過ぎちゃいますね。

次は、音質比較してみます

今回『FIFINE K669B』と比較するマイクは

AKG C3000

このAKG C3000はボーカル用の高品質マイクで3万円くらいするやつです。僕がメインでゲーム実況などで使っているコンデンサーマイクです。超高品質なので比較対象としては良さそう。

詳しくはコチラ

FIFINE K669B

こちら今回比較したいFIFINEのK669Bです。特に気になるのが、上のAKGとの比較ですかね。AKGが良いのは当たり前ですが、そこにどれだけ差があるか聞いてみたいです。

詳しくはコチラ

SONY F-V420

コンデンサーマイクではなくダイナミックマイクというタイプです。わりと高音質で僕はFIFINEのマイクを買うまではPS4用として使っていました。少し音量が小さいのでPS4など音量が大きくできる機器じゃないと使いにくいやつです。品質はかなり良いと思います。

詳しくはコチラ

SONY ECM-PCV80U

もう超有名なSONYのマイクですね。『ゲーム実況=PCV80U』みたいな時期もありました。すごく高品質で使いやすい!?って言われてましたが、比較してみたら・・・かなりショックな音質でした。

詳しくはコチラ

ではマイクの音質比較を聞いてみてください

口元からマイクまで20cm~25cmくらいでテスト発声しています

比較結果

はり『AKG C3000』は圧倒的にキレイでした。ノイズもなく声質も滑らかできれいです。そして『FIFINE K669B』もすごくキレイな音質でしたでした。AKGに比べるとかなり環境音を拾ってる感じはしましたが、ホワイトノイズもなく十分良い音質です。

また、『SONY F-V420』は結構よい音質だと思っていましたが、そうでもなかったです。そして『SONY ECM-PCV80U』はとても良い音質とは言えないひどいノイズでした。このマイクはもう過去のものですね、いま使うには音質がひどすぎます。

  • FIFINE K669Bはノイズがない
  • 環境音を拾い過ぎる
  • 声はすこしザラつくけどキレイ
  • ゲーム実況なら十分すぎる音質

予想通りの結果でしたが『AKG C3000』は圧倒的にキレイですが、『FIFINE K669B』もすごくキレイな音質で期待通りでした。

 

FIFINE K669Bのデザイン

最初みたとき変な形?って思ってたんですけど、本物を見るとかなりシックリくるデザインで無駄もなく良い感じ。

 

金属の質感は手に取るとわかります。

 

スタンドや接続部分も真鍮が使われており丈夫になっています。きっちり止まるのは僕的に嬉しい。

 

あとはこの重量感と安定感。気にいりました!

 

FIFINE K669Bの口コミや評判

ネットのレビューなど口コミを見ると、どんな商品なのか?保証などは大丈夫か?など気になる点が見つけれます。

『ネットでの口コミや評判』K669B

Amazonカスタマーレビュー


工夫が必要

非常によく音を拾いますが、それでいて低ノイズです。
価格の以上の価値はあります。
ですが、環境によって注意が必要です。
ケーブルにノイズ対策が施されていないので、ケーブル回りや使用する機器によってノイズが発生します。また卓上などでの使用の際、同じ卓上にPCやゲーム機を設置するとファンなどの振動を拾う場合があります。


単一指向性では絶対にない(ほぼ無指向性)

キーボードが隣接している、PS4やPCが近くにおいてある為各々のメカニカル音を拾いやすい、という環境の為、単一指向性を謳っている当製品を購入していましたが、どこの音でも拾ってしまうほど感度が高くとても指向性を持っているとは言えません。


ps4でUSBでマイク、ヘッドホンはUSBかイヤホンジャックの部分でvc

非常に助かってます。基本的にps4のvcをするためにマイクのないヘッドホンと組み合わせるために買ったのですが今はpcゲームをやる時にも使っています。上記のps4の使い方ができるので探してる方お試しください。

ちょっと悪めのレビューも拾ってみました。やはり環境音をかなり拾っちゃいます。これは指向性の問題ではなく、感度と音量の問題ですね。とにかく感度が良くボリュームも最初からかなり大きいので、つまみで搾らないといけません。ホワイトノイズはほとんどありませんが、環境音がノイズ化してしまう気がします。

 

Twitterレビュー

実はこのFIFINE K669Bはセール時期だと3,000円切ってたんですよ。でも品薄が続いてて少し前まではメーカー価格で3,500円くらいでした。今は5,000円~6,000円程度が相場です。6000円でも安いと感じるマイクなのでおすすめです。

『良い点』僕がFIFINE K669Bを使ってみて

使ってみた感想は『コスパ最強のマイク』と実感してます。ホワイトノイズはほとんどありませんし、声の質も厚みがあり聞き取りやすい。ヘッドセットやダイナミックマイクの同価格帯ではこの音質は出ないと思います。またボリュームが変えれるのは便利ですね。一番搾ればミュートにもなるのでさらに良いポイントです。モニターアームにも接続できるので、さらに使いやすいんじゃないかな。

 

『悪い点』僕がFIFINE K669Bを使ってみて

悪い点は2つあります。

一点目は『価格の不安定』です。せめて4000円程度で購入出来れば理想ですね。6000円になると少し他のマイクも使ってみたくなりますね。二点目は『環境音を拾い過ぎ』です。やはりホワイトノイズが無くてもPS4のファンの音やキーボードのカチカチ音などノイズに近い環境音が拾われるので、シビアにボリュームを調整するか、置く場所や方向を考えた方が良いです。

 

FIFINE K669Bをおすすめする理由

今はテレワークや自粛生活で自宅の滞在率が高くなっています。そのせいでマイクの価格も少し高くなっていますが、それでもコスパは良くおすすめです。また自宅待機が減ればマイクの金額もソコソコ下がってくると思いますのでさらにお得です。

ゲーム実況で大事なのはゲームスキルやトーク力も必要ですが、それ以外にもゲーム画面の画質やマイクの声の聞き取りやすさも重要な項目です。特にマイクは聞き取りにくかったら視聴者は10秒で見るのをやめてしまいます。

FIFINE K669Bなら視聴者の耳にキレイに声が届くので、視聴者は不快な思いをすることはなく、ゲーム実況を盛り上げてくれるおすすめなマイクだと思います。

どんな人に向いてるか

まずは『小声でゲーム実況したい方』におすすめです。大きな声で実況できない方は、このマイクなら小声で近所に迷惑にならず実況できます。
またPS4やSwitchでも使えますので、フレンドと深夜に小声でプレイしたい人には超おすすめです。

あとはヘッドセットを使っている方も、このマイクにすることで今まで気になっていたことがすべて解決できると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

K669Bならプロにも負けない品質で配信できるぞ

FIFINEのUSBコンデンサーマイク『K669B』はPC、PS4、Xbox、Switchで使えるマイクです。

FIFINE USBコンデンサーマイク K669

Amazonセール ポイント

2020年大人気のマイクとして品薄が続いているコンデンサーマイクです。音質、価格ともに優れているので価格も高騰しています。FIFINE(ファイファイン)はマイクを中心にオーディオ機器を開発しているメーカーでここ数年でとても良い商品を多くリリースされています。

-Fifine, FIFINE K669B, K669, K669B, USBマイク, ガジェット・ゲーム機, ゲーム実況, コンデンサーマイク
-, , , , , , , , ,

Copyright© ジャンクライフ , 2020 All Rights Reserved.