アマゾン

『Fire TV Cube レビュー』赤外線操作、4K対応で高スペック!

今回はAmazonが販売しているFire TV Cubeについてご紹介したいと思います。

Fire TV Cubeの特徴や概要

Fire TV CubeはAmazonが独自で販売している端末です。

特徴とさてはテレビのHDMI端子に繋いでWifiに繋ぐと動画やネットがテレビで見れるのようになると言う大きな特徴を持っています。

そして、これまでにFire TV Stick などの同一の製品が発売されていましたが今回のFire TV Cubeでは大きく進化しています。その進化とは?amazon echoシリーズとFire TV Stickが融合した形になったことです。

なお今回発売されたFire TV Cubeは2世代目で1世代目は日本向けには発売されていません。

超便利!新登場 Fire TV Cube

新登場 Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属

Amazon価格を見てみる

Amazonレビューを見てみる

ポイント

今回のFire TV Cubeでは大きく進化しています。その進化とは?amazon echoシリーズとFire TV Stickが融合した形でCPUがヘキサコア搭載でメモリが2GBとこれまでのFire TVシリーズの中では最強クラスのスペックを誇っています。そして声だけでAmazonプライムビデオなど見ることができるのでリモコンいらずで便利です。プラス、天気やニュース、アラームなど通常のアレクサ機能も使えて最高です。

本日 限定のタイムセール開催中!

 

そもそもamazon echoとは?

amazon echoとは”アレクサ”と話しかけるだけで、音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、アラームのセットなど簡単に音声操作が可能になる音声認識システムです。

天気など以外でも ”スキル”と言うアプリを入れることにより株価の読み上げや本の読み上げなどさまざまな読み上げにも対応できるようになるのが特徴です。

でもFire TV Stickとかにもアレクサって居たよね?

Fire TV Stick(4Kモデルのみ)にもアレクサは居たはず...とお思いの方もいらっしゃると思うのでこの辺りの詳しい解説もしたいと思います。

確かにFire TV Stickにも「アレクサ」と言うとビデオの再生をしたりする音声認識システムはありました。

ですがFire TV Cube とFire TV Stickとの大きな違いは音声認識できるパターンが大きく違うと言うことです。

Fire TV Stickはほぼ再生関連のみの認識でしたがFire TV Cubeはechoシリーズの音声認識システムも搭載しているため再生関連に限らず天気やニュースの読み上げなど多様な音声を認識しくれます。

そして、echoシリーズはどんな雑音の中でも人の声のみに反応するようにかなり精度の高いマイクを搭載していてこのマイクをそのままFire TV Cubeに搭載しているためFire TV Stickとは違い雑音が流れていても遠くからでも音声認識が可能となっていてかなり精度が上がっています。

主なスペックと価格について

解像度:2160p
オーディオ:Dolby Atmos
CPU:ヘキサコア(6コア搭載)
OS: Fire OS
メモリ2GB
ストレージ:16GB

価格は¥14,980円(税込)(2020年1月現在)です。

Fire TV Cubeの良いところ

スペックがかなり高い

Fire TV CubeはCPUがヘキサコア搭載でメモリが2GBとこれまでのFire TVシリーズの中では最強クラスのスペックを誇っています。
さらに対応解像度は、4K対応でオーディオはDolby Atmos対応なので正に他の製品に引けを取らないスペックとなっています、

多種多様な音声認識に対応している

echoのシステムを完全に搭載しているためビデオの操作だけではなく天気やニュースの読み上げに対応しさらにスキルを追加することにより音声認識の幅をさらに広げることも可能になりました。

Fire TV Cubeの悪いところ

外部スピーカーのBluetooth接続には未対応

Fire TV CubeはBluetoothスピーカーへの接続には対応していません。
ここが残念な点であります。なおamazon echoにはBluetoothスピーカーへの接続が対応しています。そして、echoとFire TV Stickは連携できるようになっておりもし両方をお持ちであればFire TV Cubeは購入する意味があまりないかもしれません。

この辺りが唯一の欠点と言えるでしょう...

レビュー

実際にFire TV Cubeを利用してみて個人的な意見も含めてレビューしてゆきたいと思います。

まず第一印象としてCubeと言うだけあって本当に四角いです。

サイズに関してはFire TV Stickに比べたら大きくなっていますがさほど邪魔にはならないレベルです。

そして、見た目も悪くないのでインテリアの一部としても行けそうです。

実際にテレビを繋いでみた感じでは操作方法などはこれまでのFire TV Stickと大きく変わりません。

映像などに関してもこれまでのものとは差がない印象でした。

そして、今回の目玉であるのがechoとの融合でできた多種多様な音声認識ですね。

この辺りか関してはやはり大きく変わった印象でした。

まず「アレクサ 天気教えて」と言ったらしっかりと翌日の天気などが出てきました。
こな辺りがきっと大きく変わったポイントの1つかなと思いました。

あと驚いたのは音声認識の精度ですね。

これまでは台所の作業とかしていて水などを出していると認識してくれないこともあったのですがFire TV Cubeになってからはしっかりと認識してくれるようになりました。さらに遠くから話しても認識してくれるようになりこの辺りが大きく変わった点と言えるでしょう。

ただあまり音声認識機能を利用しない方にはechoのシステムは宝の持ち腐れなってしまいそうな感じもしました。

もし単純なビデオの視聴などにしか使わない感じでさたらFire TV Stickでも特に問題はないかと思います。

そして相変わらずYouTubeの専用アプリはFire TV Stick同様に無いので注意が必要です。

以上がレビューでした。

もし、今買おうかお悩みの方そして、既にFire TV Stickなどを持っていて買い換えようか悩んでる方。

参考にしていただければ幸いです。

超便利!新登場 Fire TV Cube

新登場 Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属

Amazon価格を見てみる

Amazonレビューを見てみる

ポイント

今回のFire TV Cubeでは大きく進化しています。その進化とは?amazon echoシリーズとFire TV Stickが融合した形でCPUがヘキサコア搭載でメモリが2GBとこれまでのFire TVシリーズの中では最強クラスのスペックを誇っています。そして声だけでAmazonプライムビデオなど見ることができるのでリモコンいらずで便利です。プラス、天気やニュース、アラームなど通常のアレクサ機能も使えて最高です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ジャンク

ジャンク

ジャンク品の修理やゲームデバイスのレビューが好きです。後はみんなでゲーム実況しています!楽しく遊んでくださいね。

-アマゾン
-,

© 2020 ジャンクライフ