ゲーミングデバイス

ゲーミングキーボード「GamaKay K61」レビュー 61キーでおしゃれでかわいい !

海外のショッピングサイトを見ていたらすごくオシャレでかわいい「GamaKay K61」というゲーミングキーボードを見つけたのでご紹介します。
購入したのは海外の通販サイト「Banggood.com」で、海外だけど割と早く到着しました。

「GamaKay K61」は日本にはまだ入荷されておらず、海外のサイトでしか購入できませんがおすすめなので、ぜひ見てみてください。

 

ブランド「Gamakay」とは

最近海外で「Gamakay」というブランドのキーボードを見かけるようになりました。日本ではほぼ見かけませんが、「Gamakay」というのは最近変更されたブランド名で香港とかマカオあたりみたいです。

この「Gamakay」の今回紹介するK61はその名の通り61キーの60%モデルのゲーミングキーボードでその他に「66K」66キーと「87K」87キーモデルも有ります。「Gamakay」のゲーミングキーボード色々使ってみたら結構よかったのでご紹介します。

 

ゲーミングキーボード「GamaKay K61」の紹介

「GamaKay K61」日本にはほとんど入荷されていないオシャレなキーボード。

GamaKay K61 ゲーミングキーボード

 

「GamaKay K61」ってどんなキーボード?

GamaKay K61は60%の大きさ

フルサイズのキーボード 100%
TKL(テンキーレス)87キー 80%
カーソルありの 66キー 65%
ミニサイズ(カーソル無し)61キー 60%

通常100%大きさのゲーミングキーボードだとマウス可動範囲が狭くなります。

小さいデスクでもスペースを広く取れる大きさ「60%」なら広い!

デスクの上のスペースを広く使えて、狭い机上でもマウスは広く使える。

 

使いやすくシンプルな構造

基本的に白色で統一されており、無駄なものがほとんどありません。

キーキャップの配置はしっかりとした「ステップスカルプチャー構造」で湾曲しており、指に馴染む感じで使いやすい。通常のメンブレンキーボードではこういう形はほぼありませんね。ゲーミングならではの形状で使いやすいです。

フレームも最低限しかなくシンプルでおしゃれ。

 

GamaKay K61の特徴

一番の特徴は間違いなくフレームが光ることです。ありそうで実は少ないこのタイプ。日本ではほとんど見かけませんし、ここまでシンプルにかわいくなっているのは「GamaKay K61」くらいです。

フレームは数種類の光り方をします。

 

GamaKay K61の光り方

「GamaKay K61」のLEDの光り方は、フレーム部分とキーキャップ部分が別々に光り、別々に設定できます。フレーム部分も数種類の光り方があり、キーキャップも多くの光り方があるので、かなり多くのバリエーションで光らせることができます。

また、フレームもキーキャップも光らないようにする設定もありますので、純白のオリジナルなゲーミングキーボードとしても使えます。

合わせて読む

日本でゲーミングデバイスと言えば「Logicool」というぐらい超有名
【2021年】Logicool Gの人気ゲーミングキーボードおすすめ10選

 

 

「GamaKay K61」を使ってみる

ゲームで使ってみる

ミスタッチもほとんどなく、すごく使いやすいゲーミングキーボードです。角度調節は出来ないのですが、僕の場合は気になることなく使えました。
キーの押し心地も、今回は「赤軸」を選んでいますので、ゲームでも実況用というかマイクにキーの音がほとんど入らない打鍵音でした。

一般的な赤軸と同じ押し心地で、使いやすいです。

タイピングチェック

60%のゲーミングキーボードということで、押すことができるのはこの「白色」になっている部分です。

Fnキーを押さないと「ファンクションキー」や「カーソルキー」は「Fn」で切り替えなので通常ゲームでは使えません。ゲームでファンクションキーを使う場合はキー設定で変える必要があります。これは60%サイズのどのゲーミングキーボードでも同じです。困るのは文字を打つ時などですね。

もし文字を多く打つようなMMOなどのゲームをする場合は87キータイプなどもあるので、そちらが人気です。下でも紹介していますのでご参考にしてください。

関連

キーボードテストオンライン
http://keyboard-test.space/jp/

合わせて読む

Razer( レイザー)の主力でもあるキーボードの種類と機能をわかりやすく説明います。
Razer キーボード おすすめ10選「Razerの読み方から軸の種類まで分かりやすく説明」

 

「GamaKay K61」のデザイン

刻印されているキーキャップの文字もダサくなく、キレイな字体ですね。

 

サイドフレームも無駄のない無機質なデザイン。

 

USBの差込口は右上にあります。Duckyなどは左上ですね。

 

ここまで真っ白でRGBだけの装飾は魅力的です。

 

今回僕が使ったのは「赤軸」のゲーミングキーボードでブランドは「Gateron」のメカニカルキーになります。
その他に「黒軸」「青軸」「茶軸」「黄軸」があります。

 

裏面はこのような感じで、角度調節はありません。

 

この丸いゴム製の足がついており、しっかりとグリップしてくれるので、ゲーミングとしては十分使えました。

 

同梱物

基本的にどのキーボードも、同梱物はこんな感じですね。

 

  • 接続用USB-typeCケーブル
  • キートップ引抜工具
  • 掃除用ブラシ

ブラシがついているのはうれしいですね。

 

USBケーブルもオシャレに交換する

同梱物のUSB Type-Cケーブルはごく普通のUSBケーブルですが、オシャレなスパイラルタイプのものに交換すれば、さらにカッコよく使えます。

僕が使っているスパイラルUSBケーブルはこちらですが、人気はセパレートタイプのものが使いやすく便利です。

おすすめのUSB Type-Cケーブル

日本でもオシャレなUSBケーブルは売っています。おすすめは「2zk」さんのカスタムUSBケーブルがおすすめです。

TwitterなどでもオーダーメイドでオリジナルカラーのUSBケーブルを作って頂けます。

関連リンク

「2zk」さんのTwitter
https://twitter.com/2zk14

「2zk」さんのショップはコチラ

ぜひご覧ください、カッコイイUSBケーブルがたくさん掲載されていますし、オーダーで自分に合ったカラーなど注文することも出来ます。

合わせて読む

Ducky(ダッキー)キーボードの種類機能く説明しておすすめを紹介
【最新】Ducky(ダッキー) ゲーミングキーボード おすすめ5選

 

他の「GamaKayゲーミングキーボード」

日本で「DURGOD ゲーミングキーボード」を買おうとすると2万円以上になるので、Banggoodのように日本に発送してくれる海外サイトだとかなり安く購入できます。到着までの期間も他の海外サイトより断然早いし、丁寧なのでかなりおすすめです。

GamaKay K66 ゲーミングキーボード

66キータイプのゲーミングキーボード。「GamaKay K61」よりカーソルキーなど少し追加されたバージョンでこちらも人気です。

 

GamaKay K87 ゲーミングキーボード

87キーバージョン。一般的にTKLと言われるタイプです。日本ではかなり人気のタイプになりますね。

 

「GamaKay K61」僕の感想

見た目だけでいうと、今まで使ったゲーミングキーボードの中で上位のキーボードです。かなり気に入りました。できれば61キーか66キーが見た目的にはイイですね。

操作性に不安はほぼなく「Gateron」のメカニカルキーは安定していました。多少重さがないので軽いけどしっかりとゴム足がグリップしてくれているので、CoDなどの激しいゲームでもキーボードがずれるようなことはありませんでした。

一つデメリットとしては角度の調整ができないことです。角度があるキーボードに慣れている人にはきついかもしれません。

届くのもAliExpressなどに比べると断然早くて丁寧な梱包で届きます!

クーポン情報

限定で1割ほど安くなるクーポン有
クーポンコード:BGJKGK61

有効期限:2021/3/15まで

クーポンの利用方法

クーポンは商品をカートに入れてから「チェックアウトに進む」を押して

この部分に送付先の住所など入力して「保存」を押してから日本専用のクーポンなので、利用できるようになります。

割引の部分で「クーポン」に「クーポンコード:BGJKGK61」を入力すれば割引価格になります。ぜひお得なのでご利用ください。

Banggoodは日本に発送してくれる海外サイトなので、かなり安く購入できます。到着までの期間も他の海外サイトより断然早いし、丁寧なのでかなりおすすめです。

GamaKay K61 ゲーミングキーボード

合わせて読む

僕の大好きなゲーミングキーボードをたくさん紹介しています!
【2021年版】最新ゲーミングキーボードのおすすめランキング35選

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ゲーミングデバイス
-

© 2021 ジャンクライフ