ゲーミングデバイス

【最新】ゲーミングPC おすすめ 初心者向け『安いPC~高スペック240fpsPCまで紹介』

初心者でもわかりやすく目的別で分かりやすい、ゲーミングPCの紹介をしています。ぜひ参考にしてみてください。

 

初心者向け ゲーミングPCのパーツ

ゲーミングPCの【CPU】

ゲーミングPCの【CPU】はPC自体のスペックの基準となるもので、多くの計算と命令する頭脳的な役割です。どんなに他のパーツが優れていても、CPUの動きが悪かったらPC自体の動きが悪くなります。
多くのゲーミングPCに使われているCPUのメーカーは、IntelかAMDというメーカーになり、インテル(Intel)は誰もが聞いたことあるかと思います。

正直現在はどちらのメーカでも大差ありませんが、初心者はインテル(Intel)の方が使い勝手良いかもしれません。

ゲーミングPCの【グラボ】

ゲーミングPCの【グラボ】はゲームに欠かせないパーツです。初心者の方でも聞いたことはあると思いますが、グラボ=グラフィックボードの略で、このグラボはCPUが処理したゲーム情報を映像としてモニターに映し出すパーツになります。通常のPCの場合はオンボードといって、グラフィックボードを取り付けなくてもモニターに映像を映すことができるのですが、ゲーミングPCの場合はオンボードでは映像処理が間に合わず、綺麗に映りません。

そこでグラボを取り付けて、映像を映すスペックを上げてあげることで、綺麗で美しくて速い映像をモニターに映し出すことができる。ゲームにとっては非常に大事なパーツになります。

ゲーミングPCの【メモリ】

ゲーミングPCの【メモリ】は8GB~16GBが一般的です。このメモリとはゲームの複数の細かな情報をまとめて一時的に記憶する場所です。このメモリの中の情報をCPUが一気に計算して命令を出していきます。なのでゲーミングPCでは、このメモリが速くて大きいほど、CPUが多く計算できて、高速でモニターに映像を映し出せるようになります。

メモリが少なかったり、遅かったりすると、ゲーム自体が重く感じたり自体も重くなったりします。多くの初心者が見落としているPCが重いという現象はメモリが原因だった、ということが多くあります。

 

初心者が知っておくべき必要なその他のパーツ類

マザーボード

初心者の方が一番「ハテナ??」っとなるのがマザーボードです。
マザーボードは多くのPCパーツをつなぎ合わせる土台になります。CPUやグラボ、メモリーなど重要なパーツもすべてマザーボードに設置され、ゲーミングPCとして組付けられます。
ゲーミングPCにとってマザーボードは見た目の部分でも重要な役割をしています。キラキラ綺麗に光るゲーミングPC等はマザーボードの種類や性能に左右されますし、取り付けることのできるパーツも、このマザーボードで決まってきます。

電源ユニット

電源ユニットはその名の通り、PCの各パーツの電源になります。特にゲーミングPCの場合は性能が高いため、多くの電力を使いますので重要なパーツになります。特にグラボなどは多くの電力を消費しますので、それに見合ったワット数の電源ユニットが必要になります。

初心者の方に多いのが、電源ってどれも同じじゃないの??と思っている方がかなり多いと思います。電力が足りないとゲーミングPC自体に不具合が生じますので、電源が自分のPC似合っているかどうかは重要なんです。今回ここで紹介するPCはすべて十分な電力を持っているタイプです。

SSD

PCの容量といわれる部分です。初心者の方でも容量どれくらいあるのか?など気になると思います。

ゲーミングPCではWindows(OS)のプログラムデータやゲームデータを保存する場所をSSDというドライブに保存します。昔はHDD(ハードディスクドライブ)なども使われていましたが、現在はSSDしか使いません。速度の速さがSSDの方が圧倒的に早く、ゲームの起動やゲーミングPC自体の起動の速さにかかわってきます。

サイズが大きいほど、多くのゲームをインストールすることができます。このSSDの容量が小さいと、ゲームをインストールできる量が減り、新たなゲームをインストールしたときに、古いゲームを消さないといけない場合が生じます。最低でも500GB~2TBを選びましょう。

PCケース

そしてPCケースです。ゲーミングPCの見た目そのものですね。PCケースにもいくつかの種類があり(大きさ)、マザーボードの大きさによって使える使えないなどあります。あとは前面側のスイッチ類の多さや、ディスクドライブの有無や位置なども重要です。

あとはゲーミングPCならではのサイドパネルです。多くのゲーミングPCのイメージでは、サイドパネルが強化ガラスになっているタイプですね。LEDで発光しているパーツ類が見えるようになっているタイプですね。ただ、ゲーミングPCだからといってガラスパネルになっている必要もなく、多くのPCは中が見えるタイプではありません。初心者の方でも価格や好みで選べます。

関連記事

PCゲームApex(Apex Legends)は格安PCでも動く!?
【最新】Apex格安ゲーミングPC 240fps 144fpsのおすすめBTO PCを紹介!

 

ゲーミングPCのオススメな選び方 !

基本的にはスペックだけ見ればOK

一番大事な3つのスペック

CPUのスペック

CPUは大きく分けて2種類あり一つが「インテル」もう一つが「AMD(RYZEN)」です。機能の違いはありますが、ゲーミングPCとしてはどちらも人気で深くこだわらなくても大丈夫です。「AMD(RYZEN)」すこし値段が安いですが初心者の方にはインテルをおすすめします。

インテルの場合(初心者向け)
現在の主流は第10世代、11世代、第12世代が主流です。新品のゲーミングPCなら「Core i7-12〇〇〇」「Core i5-12〇〇〇」のような型番になります。また中古であれば「Core i9-11〇〇〇」「Core i5-11〇〇〇」などの第10世代や「Core i7-9〇〇〇」「Core i5-7〇〇〇」それ以前の第9世代などでもゲーミングとしての機能は十分あるCPUも多くあります。

AMD(RYZEN)の場合
AMDのCPUの場合はRYZENシリーズの「RYZEN5」「RYZEN7」「RYZEN9」が主流でRYZEN9の「5900」やRYZEN7の「5800」RYZEN5の「5600」などが新品のゲーミングPCでは人気です。

中古のゲーミングPCの場合でもRYZEN5の「3600」~いろいろあり、価格もお手頃で人気です。

 

グラフィックのスペック

次に大事なのはグラフィックのスペックになります。基本的にゲーミングPCの場合はグラボ(グラフィックボード)といわれる別付のCPUと同じような機能を持っているGPUが含まれるボードが取り付けられています。

これはCPUでPCのゲーム自体の処理を行って、グラボで映像の処理を行うことで高画質でサクサク動くゲームが遊べるようになる仕組みです。

これをグラボなしでゲームをした場合CPUとオンボードのグラフィックスペックだけでゲームと映像の両方を処理しなければいけないので、重くて画質の悪いゲーム画面になってしまうのです。なのでグラボはゲーミングPCには必須になります。

現在の主流のメーカーは「NVIDIA GeForce」と「AMD Radeon」があります。人気なのはNVIDIA GeForceのRTXやGTXといったシリーズで、新品のゲーミングPCの場合は「RTX 3060」や「RTX 2070」などが人気です。

また中古のゲーミングPCの場合は「GTXシリーズ」もまだまだ人気です。GTX 1660程度のグラボでも十分ゲーミングPCとして遊べますし、中古でも値段はそれほど下がっていません。

 

メインメモリの容量

PCのメモリはゲームの起動の速さや読み込み速度など、ゲームの計算処理をする場所です。最低限8GBあれば大きくゲームがもたつくことはありません。おすすめは16GB以上がおすすめです。

逆に4GB程度しかない場合はゲーミングPCとしては少し厳しいと思います。最低ども8GB以上です。

 

次に確認しておくPCスペック

初心者の方はあまり気にすることはないと思います。最近のゲーミングPCは十分なストレージを搭載したモデルが多いので安心です。

あとはスペックで気にする部分としてストレージ(ゲームなど保存する部分)です。このストレージの容量が大きければ多くのゲームやデータを保存できますし、速度が速ければゲームの起動がとても速くなります。
またWindows自体も速くなるのでサクサク動くゲーミングPCになります。

ストレージのタイプ

初心者の方にはわかりにくいと思いますが、ストレージのタイプは「M.2規格SSD」「SSD」「HDD」とありゲームのデータや様々なデータを保存する領域です。

速度は「M.2規格SSD」>「SSD」>「HDD」の順でM.2が爆速でHDDはかなり遅くなります。

最近ではゲーミングPCにはほとんど「M.2規格SSD」が利用されてますが、種類や容量の大きさによって価格がかなり高くなります。

少し前ならゲーミングPCでもHDDを使うことも珍しくないので、ゲームの立ち上がりの速度が気にならないのであればHDDでも問題ありません。

 

ストレージの容量

初心者の方が良くゲーミングPCを壊す原因として多いのが、Cドライブの使用容量過多によるパンク状態ですね。速度以外にも容量の大きさは気にしておくとよいと思います。最近のゲームはかなり容量が大きくなってきていますので、240GBくらいの大きさだと、あっという間にいっぱいになってしまって、新しいゲームをインストールできなかったり不具合が起きてしまったりするので注意が必要です。

初心者向けのおすすめは最低でも500GB~1TB(1000GB)です。

おすすめ記事

PCで仮想のスマホを動かすことができるAndroidエミュレーターが大人気!
【最新】おすすめAndroidエミュレーター&スマホエミュレータ

 

初心者におすすめなゲーミングPC【BEST 3】

初心者向けのゲーミングPCはできる限り知識がなくても使いやすいスペックで選んでいます。
PC自体が苦手な方や初心者向けです。

PG-Dシリーズ

STORM PG-DQT

CPU AMD Ryzen 5 5600X
グラボ GeForce RTX™ 3060Ti
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥197,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

CPUはインテル製ではなくAMD製のRYZEN5 5600Xという、ゲーミングPCでは今一番人気のCPUです。グラボもRTX3060Tiなので当分アップグレードする必要がない安定のスペックだ。メモリも16GBで十分です。m為もカッコよくサイドパネルは強化ガラスで、LEDライト付きのファンが4基搭載されている。SSDはNVMeSSD 500GBで最速SSDです。OSはWindows11 Home 64bitで最新なのに価格は20万円を切る!?安くてかなりおすすめの初心者向けイチオシゲーミングPCです。

 

G-GEARシリーズ

G-GEAR GA5J-B221/B

CPU Core™ i5-12400
グラボ GeForce RTX™ 3050
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥157,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

インテル製の最新CPU「Core™ i5-12400」搭載。グラボは最新のRTX3050です。スペック的には最高クラスではありません。ゲームによっては物足りないと思うかtもいるかもしれませんが、基本的には最新のパーツ類でそろっており、ほとんどのゲームは問題なく動作します。もちろんAPEXでもフォートナイトでもヴァロラントでも問題ありません。ですが4K出力をしてみたり、高画質VRなどでは多少もたつくかもしれませんので、ゲーム自体の画質のせて値が必要の場合があるかもしれません。

それでも初心者におすすめ点が2つあります。すべて最新パーツなのに価格が安いところです。この価格でゲーミングPCを始めて、物足りなくなったら自分でグラボをアップグレードすることも簡単です。もう一つの初心者におすすめな理由はSSDの容量が「1TB SSD」とかなり多めになているところです。当サイトでもかなりおすすめです。

 

G-GEAR Powered by Crucial GC5AC212T_R_CP1

CPU Ryzen™ 5 5600X
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ OK
PS4配信 OK PCゲーム配信 OK
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥184,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

CPUがRyzen™ 5 5600Xと超人気のAMD プロセッサーで、ゲーム向きのCPUの定番です。グラボはRTX™ 3060で今一番使われている価格面でも優しい人気のボード。SSDも500GB SSD m.2で最速の起動とゲームの読み込みです。初心者にもかなりおすすめなゲーミングPCです。

関連記事

PCゲームフォートナイトをゲーミングPCで遊ぼう!
フォートナイトおすすめゲーミングPC「144fpsで遊べる安いゲーミングPC等」

 

 

『人気の定番』おすすめゲーミングPC

ここではスペックも良し、価格も良し、ゲーミングPCとして程よく使いやすさからおすすめを選んでいます。初心者向けです。

ZEFTシリーズ

ZEFT G24CT

CPU Core™i5-12400F
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ OK
PS4配信 OK PCゲーム配信 OK
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥186,780

このゲーミングPCのおすすめポイント

ZEFTシリーズのG24CT。最新のi5のCPUが積まれています。グラボもRTX™ 3060で、基本的に困ることのないスペックで今後も拡張しなくても十分使っていけます。価格が抑えられているのは、コストパフォーマンスに優れたミニタワー型PCケースの利用や6コア12スレッドのCPUという部分で、このスペックでこの価格ならおすすめです。

最近ではゲーミングPCで定番の「500GB SSD PCIe M.2 」がメインストレージで、最速の起動とゲームの読み込みも速くなっています。見た目も真っ黒で大人向けなおすすめゲーミングPCです。

 

ZEFT R34YX

CPU Ryzen™ 5 5600X
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ OK
PS4配信 OK PCゲーム配信 OK
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥230,780

このゲーミングPCのおすすめポイント

CPUがRyzen™ 5 5600Xと超人気のAMD プロセッサーで、ゲーム向きのCPUの定番です。グラボはRTX™ 3060で今一番使われている価格面でも優しい人気のボード。SSDも500GB SSD m.2で最速の起動とゲームの読み込みです。

一番の特徴は「DEEPCOOL GAMMAXX L240 A-RGB」で水冷式のクーラーで動作時の安全性が飛躍的に高まるスタイルで、ゲーミングPCにはかなりおすすめです。

PCケースは「タワーケース ASUS TUF GT501」で、かなりかっこいい筐体でサイドは、強化ガラスのタイプ。頑丈で運びやすく冷却にも優れています。初心者にもかなりおすすめなゲーミングPCです。

 

G-GEARシリーズ

G-GEAR G-GEAR GA7J-F211/T

CPU Core™ i7-11700
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥184,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

CPUは第11世代の最新モデルで8コア 16スレッド、周波数 2.50 GHz(最大周波数 4.90 GHz[)とスコアも素晴らしいCPUです。グラボはRTX3060、メモリは十分な16GB。フォートナイトやエーペックスレジェンズでは240fpsも出せるスペックなのに、価格はお手頃なので超おすすめのゲーミングPCです。5年はスペックアップしなくても十分な性能です。

Switch・PS4の配信は余裕で可能。PS5・Xboxの4K 120fpsでの配信は厳しいかもしれませんが、「1080p/60fps」での配信は最高画質で実況配信できる。そしてPCゲーム配信も「1080p/60fps」で高画質で配信が可能だ。4Kの配信もゲームによっては可能。かなりおすすめの初心者向けゲーミングPCです。

 

G-GEAR G-GEAR GA5A-F210/T

CPU Ryzen™ 5 5600X
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥179,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

上で紹介した「GA7J-F211」とCPUだけが変わっています。インテルからAMDになったことで価格も安くなっているのにCPUの性能は11%も高い超おすすめのゲーミングPCで、AMDのRYZEN5のCPUを使っています。初心者方にも人気で、最近ではかなり多くのゲーミングPCでRYZENが使われており、僕も1台RYZEN製ゲーミングPCを持っています。

あとはすべて同じなのでこだわりがなければ、ぜひこちらをお勧めします。RYZEN製のゲーミングPCの場合はグラボ必須ですので、このPCにはRTX3060がついているので問題ありません。

関連記事

PCゲームVALORANT(ヴァロラント)は格安PCでも動く人気ゲームです。
VALORANT(ヴァロラント)おすすめ格安ゲーミングPCはこれだ!

 

 

『安い・コスパ』おすすめのゲーミングPC

ゲーミングPCとして最高スペックではないけど、APEXやフォートナイト、タルコフなどのFPSゲームも配信もできるコスパでおすすめなゲーミングPCを紹介します。

G-GEARシリーズ

G-GEAR GA5J-B221

CPU Core™ i5-12400
グラボ GeForce RTX™ 3050
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥149,980

このゲーミングPCのおすすめポイント

最初から無理しない初心者向けの、CPUもグラボも最新ではあるが、ワンランク下のスペックになっています。ですが十分にゲーミングPCの機能を持っており、ほぼどんなゲームでも遊べます。ゲームによっては144fpsも出せますし、少し前のグラボGTXよりは性能が上です。メモリも16GBで十分使えるのに15万円以下で買えるコスパ最高のおすすめゲーミングPCです。

 

G-GEAR GA5J-A221/B

CPU Core™ i5-12400
グラボ AMD Radeon™ RX 6500 XT
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥134,480

このゲーミングPCのおすすめポイント

上のコスパ最高の「G-GEAR GA5J-B221」よりさらにグラボがAMD製の最新ではあるが「RX 6500 XT」とランクが下がるスペックです。これでもフレームレートを気にしないのであれば、十分にPCゲームを遊ぶことができます。画質設定を落とせばAPEXやフォートナイトも遊べます。ヴァロラントは特に問題なく遊べるので、初心者にはおすすめのゲーミングPCです。

おすすめ記事

TwitterやYoutube、LINEやインスタでも使えるアイコン画像を依頼して作りましょう!
ゲーム実況用やYoutube・Twitter・インスタで使える似顔絵アイコン依頼する!

 

『240fps/144fps』ミドル/ハイスペック ゲーミングPC

コスパの良いハイスペックゲーミングPCをご紹介します。APEXなどのFPSゲームでは144fps~240fps程度出るものです。超初心者向けのミドルクラスのゲーミングPCもあります。

PG-Dシリーズ

PG-Dシリーズ

CPU Intel Core i5-12400
グラボ GeForce RTX™ 3060
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ OK
PS4配信 OK PCゲーム配信 OK
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥178,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

CPUも最新モデルでグラボは3060とミドルクラスの標準タイプです。お手頃価格で基本的には144fps出せるゲームが多く、使いやすくお手頃値段。見た目も良く初心者にかなりの人気のゲーミングPCです。

 

G-GEAR Powered by MSI GM5J-E220ZB_A_CP1

CPU Core™ i5-12600K
グラボ GeForce RTX™ 3070Ti
メモリ 32GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥289,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

まさしくハイスペックなゲーミングPCです。基本的に240fps出すことができる最新のパーツがついていて、かなりお買い得な価格設定のゲーミングPCです。CPUは現段階でインテルi5の最上位のモデル。メモリ32BGで配信でも編集でも、4Kでも対応可能だ。数年はアップグレード無しで十分遊べる最高クラスなので初心者に優しい。

 

G-GEAR Powered by MSI GM7J-F214ZB_A_CP1

CPU Core™ i7-12700KF
グラボ GeForce RTX™ 3070Ti
メモリ 32GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥319,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

そしてこのMSI GM7J-F214ZB_A_CP1は、さらにワンランク上のCPUでインテル i7-12700KFとi7の最上位モデルです。初心者でも使いやすいインテルのi7は最新モデルなので、当分はパーツの交換はありません。240fpsのヌルヌル速度でゲーミングPCを動かすことができる人気モデルです。

関連記事

PCゲームApex(Apex Legends)は格安PCでも動く!?
【最新】Apex格安ゲーミングPC 240fps 144fpsのおすすめBTO PCを紹介!

 

初めての方に
僕がおすすめするゲーミングPC

ゲーミングPC自体が初めてで(初心者)多少のPC経験者の場合のおすすめのゲーミングPCです。PCが苦手な方向けではありません。

G-GEARシリーズ

G-GEAR GA5J-B221/B

機能としては十分なゲーミングPCでインテル製のCPUのCore™ i5で価格も抑えられていますし、物足りなくなったら自分でアップグレードしながらカスタムしていくことがしやすいゲーミングPCです。

初心者に優し、初期投資の時点で15万円くらいなのでお手頃の価格かと思います。グラボは最新のRTX™ 3050ですがワンランク上のRTX3060以上へアップグレードも簡単です。ぜひおすすめなので参考にしてみてください。

CPU Core™ i5-12400
グラボ GeForce RTX™ 3050
メモリ 16GB
Switch配信 OK PCゲームプレイ 一部
PS4配信 OK PCゲーム配信 一部
PS5配信 一部 アップグレード OK
Xbox配信 一部 記事作成時価格 ¥157,800

このゲーミングPCのおすすめポイント

初心者にも使いやすいインテル製の最新CPU「Core™ i5-12400」搭載。グラボは最新のRTX3050です。スペック的には最高クラスではありません。ゲームによっては物足りないと思うかもいるかもしれませんが、基本的には最新のパーツ類でそろっており、ほとんどのゲームは問題なく動作します。もちろんAPEXでもフォートナイトでもヴァロラントでも問題ありません。ですが4K出力をしてみたり、高画質VRなどでは多少もたつくかもしれませんので、ゲーム自体の画質のせて値が必要の場合があるかもしれません。

それでも初心者におすすめ点が2つあります。すべて最新パーツなのに価格が安いところです。この価格でゲーミングPCを始めて、物足りなくなったら自分でグラボをアップグレードすることも簡単です。もう一つの初心者におすすめな理由はSSDの容量が「1TB SSD」とかなり多めになているところです。当サイトでもかなりおすすめです。

おすすめ記事

最新のゲーミングデスクの人気タイプを初心者にもわかりやすくご紹介!おすすめ昇降式
【最新】おすすめゲーミングデスク「昇降式やゲーム専用など今人気のデスク」

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジャンク

ジャンク品の修理やゲームデバイスのレビューが好きです。後はみんなでゲーム実況しています!楽しく遊んでくださいね。

-ゲーミングデバイス
-

© 2022 ジャンクライフ