ゲーミングデバイス

「XROUND AERO Wireless&トランスミッターレビュー」快適ワイヤレスゲーミングイヤホン

XROUND AERO Wireless (エアロワイヤレス)は完全ワイヤレスイヤホンで低遅延 x サラウンドサウンド搭載したゲーミングイヤホンです。今回はこの最強ゲーミングイヤホンといわれているAERO Wirelessをレビューしたいと思います。※XROUND商品のPRも含みます。

 

ブランドXROUNDについて

XROUNDは熟練の音響設計エンジニアと調律師、音響マニアがともに立ち上げた台湾発のオーディオブランドで、2015年から人気のイヤホンを次々とリリースしてきた人気ブランドです。
日本では日本正規代理店としてあの「アーキサイト」が販売していますので一流ブランドとして信頼もあります。

関連

XROUND AERO Wireless(公式)
https://xroundaudio.com/product_aerotws_ja.php

株式会社アーキサイト(公式)
https://archisite.co.jp/products/xround/aero-wireless/

 

「XROUND AERO Wireless」の概要とスペック

XROUND AERO Wireless (エアロワイヤレス)は「XROUND」の新作イヤホンとして登場したゲーミングイヤホン。AERO有線版も大人気で多くのユーザーレビューが上がっています。

型番 XAW-01
Bluetoothバージョン Bluetooth® 5.0
対応Bluetoothコーデック SBC、AAC
対応通信プロトコル AVRCP1.6 / HSP1.2 / HFP1.7 / A2DP1.3.1
ドライバー規格 6mmチタンコートドライバー
周波数特性 20~20,000Hz
感度 103dB
インピーダンス 16Ω
マイク 4*MEMS
片側2*MEMS
通信距離 10 m
再生時間 イヤホン本体:6時間 / 充電ケース24時間
AACコーデック、音量50%でテスト
充電ケース 入力ポート:Type-C
充電時間 イヤホン:1時間
充電ケース:1時間
※電池残量ゼロからフル充電まで
防塵防水等級 イヤホン本体 IP54
パッケージサイズ 185×90×50mm
重量 イヤホン片側4.2g / 充電ケース45.8g / パッケージ含む180g

主な特徴

音楽 / ゲーミングモード切替

通常の音楽モードとゲーミング(低遅延)モードを瞬時に切りけることができ、ゲーミングモードはゲーム画面と音の遅延を無くす仕組みになっている。

完全ワイヤレスで低遅延

通常のBluetooth接続のワイヤレスの欠点は音ズレなどの遅延です。しかし「XROUND AERO Wireless」のゲーミングモードの低遅延は実測データで「0.054 秒」と耳で感じ取れる遅延はなくゲームに特化しています。

独自サラウンド技術

「XROUND AERO Wireless」のサラウンド技術「XROUND Lite™」はゲーム音を3D球体サラウンドサウンドとして臨場感のある音に仕上げてくれます。足音の位置も鮮明になりFPSゲームでも優位に立てる精度です。

XROUND MyTuneアプリ

XROUND MyTuneアプリはイコライザーを搭載していて、音楽でも足りない音を調整したり、ゲーミングでも自分の一番聞き取りやすい音を作り出すことができる優れたアプリです。

XT01トランスミッター

PS4/PS5、またはデスクトップPCなどワイヤレスイヤホンを通常では簡単に接続できない場合でも、このトランスミッターがあれば接続できるようになります。低遅延で接続でき家庭用ゲーム機でも利用できるようになります。

「XROUND AERO Wireless」はXROUND独自技術でスマホや家庭用ゲーム機(CS機)にてBluetoothイヤホンの遅延を耳に感知できない「50ms」まで抑えられることが可能となったワイヤレスイヤホンです。
さらに独自サラウンド効果「XROUND Lite™」を搭載することで、しっかりと音の広さと奥行きを作り出し、臨場感あふれるサウンドを体感できます。

 

 

【音楽】XROUND AERO Wirelessの実力レビュー

ミュージックモードにして音楽を聴いてみます。ミュージックモードへ切り替えるには「右のイヤホンを2秒間タッチする」だけです。簡単に切り替えれます。

まず最初に「Techno」「House music」で音圧や音のクオリティを確認してみました。
素晴らしい音質です。中高音の抜けの良さと、低温の音質がかなり良いです。

 

スマートフォンで音楽を聴いてみる

Bluetoothは簡単につながりました。

ボーカルが入ったバンドを聞いてみます。今回は「ずっと真夜中でいいのに。」のファーストアルバムを全体通して聞いてみました。
音質はとてもよくクオリティが高い音質です。

サラウンドモードを使ってみる

サラウンドモードは「左のイヤホンを2秒間タッチする」だけでサラウンドモードに切り替わります。

すごい立体感!

切り替わった瞬間グンと音量が上がり、ボーカルの声が前に出てきます。かなり立体的な音感になりこれはすごい!バンドならではの音の振り方でとても気持ちよく音楽が聞こえます。

 

【ゲーミング】XROUND AERO Wirelessの実力レビュー

続いてミュージックモードからゲーミングモードに切り替えてみます。切り替えは「右のイヤホンを2秒タッチする」だけ。

Bluetooth 直接接続

Nintendo Switchは直接Bluetoothで接続できました。ゲーミングモードを試してみたいと思います。

Nintendo Switchでポケモンユナイトをプレイ

やはりSwitchと直接接続ができるのは助かります。「XROUNDAERO Wireless」だけあればいつでもどこでも、Switchで高音質で遊べます。
今回はポケモンユナイトを遊んでみましたが、フォートナイトでも十分有線のヘッドセット並みに、足音や敵の距離感がわかります。

最初の方だけ音が途切れることがありました。もしかしたらSwitchでも「XT01 Bluetoothトランスミッター」を使った方が良いかもしれません。後半は全く途切れることもなく快適に使えています。

この「XROUNDAERO Wireless」をポケットに入れておくだけで、いつでもSwitchで本格的なFPSゲームができるので、Switchユーザーにはかなりおすすめです。

 

XT01 Bluetoothトランスミッター

別売りの「XT01 Bluetoothトランスミッター」を使えばPS5もPS4もPCも簡単にBluetooth接続ができます。

PS5でオーバーウォッチをプレイ

ゲーミングモードでプレイしてみましたが、音の遅延は全く感じられません。本当にBluetoothなのか?と疑うくらい音ズレも遅延もないです。
PS5でも音のクオリティはかなり高く、APEXでもCoDでも十分に楽しめる音質です。

 

サラウンドモード「XROUND Lite™」

続いてPCも「XT01 Bluetoothトランスミッター」を使って接続してみました。

PCでApex Legendsをプレイ

サラウンドモードは「左のイヤホンを2秒間タッチする」だけなのでサラウンドモードと通常モードを聞き比べてみました。

やはりサラウンドモードはかなりクオリティが上がったように聞こえます。音の臨場感がかなり違い、音の距離感もわかりやすくなります。

PCの場合でも最初少し音が途切れることがありました。僕の部屋には2.4GHzの機器がかなり多いので影響していたのかもしれません。音が途切れるのは最初だけで、後半は問題なく高音質が続きました。

 

ミュージックモードとゲーミングモードの違い

ミュージックモードとゲーミングモードの切り替えも、右イヤホンを2秒タッチするだけなので、APEXで切り替えて遅延具合を確認してみました。

ゲーミングモードは遅延を感じない

ミュージックモードの場合、単発の弾を打つとほんの少し遅延しているのがわかりました。
そしてゲーミングモードに切り替えて単発で球を撃ってみると、遅延が全くなくなります。
僕の耳では遅延は感じられませんでした。

おすすめ記事

PS5の「Tempest 3Dオーディオ 技術」とはどんなものなのか?おすすめ PS5 ヘッドセットを紹介!
【最新】PS5おすすめヘッドセット14選「3D Audioに対応するには?」

 

公式アプリ「XROUND MyTune」について

XROUND MyTuneのダウンロードはコチラ

XROUND MyTune(エックスラウンド・マイチューン)はTailorIDサウンド体験最適化、外音コントロール、イコライザー設定、カウントダウンタイマーなど様々な機能を搭載し、XROUND製品の可能性を最大限に引き出します。

 

ダウンロードしたらすぐに接続

すぐに問題なくデバイスと接続ができました。簡単です。

スマホでモード切替

スマホからモード切替ができます。

イコライジング

自分の好きなように音質をイコライジングできます。

サラウンド設定

サラウンド設定はスマホからの場合、オフ、レベル1、レベル2と選択することができます。レベル2がとにかく良い設定でおすすめです。

 

「XROUND AERO Wireless」開封レビュー

「XROUND AERO Wireless」と「XT01 Bluetoothトランスミッター」
箱からカッコいいですね。

梱包も完璧で品質の良いのがわかります。

同梱物はこんな感じ。

「XROUND AERO Wireless」本体。かなり好みの形をしています。耳のフィット感も持っているイヤホンの中では上位に入る形状。

コチラが充電用ケース。これもかなり使いやすい。

充電USBケーブル。

説明書類はわかりやすく「はじめてガイド」がついています。

もちろんすべて日本語対応。

Spinfit コンフォートイヤーピース 3組(S、M、L 3サイズ)が別途ついているのでお好みで交換できる。

イヤーチップは遮音イヤーピース 3組(S、L)が別途付属。初期はMが装着されている。

「XT01 Bluetoothトランスミッター」開封

これが「XT01 Bluetoothトランスミッター」で、PS5やPS4など直接接続できない場合でも、USBがあれば接続できるトランスミッター。

こちらも梱包はしっかりしていて、品質が高い。

同梱物はこんな感じ。

これが「XT01 Bluetoothトランスミッター」本体。

変換アダプタ Aオス - Cメス。

簡易マイク。PS4ならコントローラーに挿せばマイクが使えます。Switchでも本体に挿せばマイクとして使えます。

説明書類はすべて日本語対応。

「XROUND AERO Wireless」のデザインレビュー

見た目は完ぺきにカッコいい。

耳への装着もかなり良い。持っているイヤホンの中ではかなり上位に入ります。

ケースもかなり使いやすく、しまうのも取り出すのも使いやすい。

ゲーミングデバイスとして見た目はピッタリですね。

 

XROUND AERO Wirelessをおすすめする理由

おすすめはNintendo Switchやスマホゲームです。トランスミッター無しでも、この「XROUND AERO Wireless」をポケットに入れておけば、いつでも最高音質でガチゲームができます。2~3時間ゲームをしても充電は余裕でもちます。またケースに入れて再充電すればさらに使えるので、携帯ゲームにはかなりおすすめです。

少し気になるのは接続が安定するまで少し音が飛んだりしました、周りの環境によるものだと思います。

関連

詳しいメーカースペックはこちらをご覧ください
XROUND AERO Wireless
https://xroundaudio.com/product_aerotws_ja.php

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ゲーミングデバイス
-

© 2022 ジャンクライフ