amazonプライム

Amazonのタブレット「Fire」は便利な人と便利じゃない人がいます!

最終更新日: 2018/06/06

今回は非常に低価格で入手できるアマゾンのFireタブレットについて、その特徴や各種モデル・オススメの周辺機器について紹介していきたいと思います。

■Fireタブレットについて

FireタブレットはAmazonが製造・販売しているタブレットで、OSにはGoogleのAndroidをベースにしたFire OSが使用されており、ユーザーインターフェースもAndroidのものに似ています。
またAmazonが製造・販売しているタブレットであることから、メニューも「本」「ビデオ」「お買い物」などといったように並んでおり、Amazonの各種サービスを利用する際に便利で相性が良いのが最大の特徴です。

そしてアマゾンプライム会員ならば4000円オフで購入できる事などから、アマゾンでの各種サービスを携帯可能なタブレット端末でも利用したい場合には、このFireタブレットが最適です。

 

■Fireタブレットのメリットデメリットについて

Fireタブレットは他のタブレットに比べると価格が安く、アマゾンのサービスをよく利用する場合に向いていますが、反面ダウンロードできるアプリが少ないので利用用途も限られてきます。

 

Fireタブレットのメリット

とにかく価格が安い 

Fireタブレットのメリットとしてまず言えるのが、他のタブレットと比較してもとにかく値段が安いという事です。
例えば「Fire 7」というモデルであれば、8GBのもので通常価格が8990円であるものの、アマゾンプライム会員であればなんと4980円という低価格で購入することが出来ます。

その代わり他のタブレットと比べてもダウンロードできるアプリが少なめになっていますが、あくまでKindle本での書籍閲覧やプライムビデオでの動画鑑賞をメインに使用する場合であれば、このFireタブレットで十分だと言えるでしょう。

Fireタブレット端末限定特典が付いてくる 

Amazonプライム会員でKindle端末かFireタブレット端末を持っていれば、「Kindleオーナー ライブラリー」という特典を受けることができます。
この特典は毎月1冊好きな本を無料でダウンロードすることができるというもので、本をよく読むような方にも嬉しい内容です。

ただしダウンロードできる本は全部が対象ではなく少し限られていたり、次の月になれば返却扱いになるので読めなくなります。

初期設定が楽 

Fireタブレットでは届く前からすでに自分のAmazonアカウントが紐付けされている為、各種個人情報やメールアドレス・パスワードの設定が不要で便利です。
(ちなみに誰かにFireタブレットをプレゼントする場合は、「ギフトの設定」の欄にチェックを入れると良いです)

ブルーライトブロック機能搭載! 

Fireタブレットにはブルーライトブロック機能である「Blue Shade」が搭載されています。
ブルーライトというのは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、デジタルディスプレイから発せられるブルーライトは眼や身体に大きな負担をかけると言われており、就寝前にこれを浴びてしまうと睡眠の質が下がります。

睡眠の質が下がれば疲れが取れにくくなり、翌日の勉強や仕事などの能率にも悪影響を及ぼしてくることも考えられます。
Fireタブレットの場合は、このブルーライトをブロックしてくれる機能がある事から、目の負担を軽減させてくれたり、就寝前であってもあまり問題なく読書や動画鑑賞などをすることができます。

通信料は無料 

Wi-Fi環境さえあれば通信料は無料です。

 

Fireタブレットのデメリット

対応アプリが少ない 

FireタブレットのOSであるFireOSはGoogleのAndroidをベースにはしているものの、基本的にGoogle Playストアが利用できないので利用できるアプリが限られてきます。
ただしやり方によってはFireタブレットでもGoogle Playストアが利用できるようになり使えるアプリも増えますが、これはあまり知識がない状態で行うとセキュリティの関係上危険であると言われています。

ITスキルがある場合であれば問題なく出来るでしょうが、そうでない場合はハッキングにより個人情報の流出や金銭的に被害が出てくることも想定されます。
なのでコンピューターに詳しくない方でFireタブレットにGoogle Playストアを導入する際は、くれぐれも注意しておきたいところです。

ちなみにFireタブレットにGoogle Playストアを導入する方法としては、使っているGoogle端末からアプリデータを抽出しFire端末にコピーしてインストールするという方法が良いと言われています。
Fireタブレットの対応アプリに関してはメジャーなものであれば、SNSアプリだとFacebookやTwitterが利用できます。(Lineは利用不可)
動画アプリであればYoutubeは利用することができますが、このアプリも公式アプリではない為、少し使いにくくなってます。ですがブラウザでも見ることができ、PC感覚で快適です。

Wi-Fi環境が必須 

FireタブレットでKndle本やビデオ・アプリのダウンロードを行うには、当然インターネットに接続できなければなりません。
インターネットに接続させるためには、Wi-Fi環境が必須となります。

Wi-Fi環境を整えるにはインターネット回線を引いており、かつ無線ルーターを購入しておく必要性があります。
こうした環境が整っていないのであれば、スマートフォンなどのWi-Fiテザリング機能を利用するのも手です。
(この場合は容量の大きいデータをダウンロード・再生する場合にスマホの料金プランの容量オーバーにより通信速度が制限されたりします)

Audibleが聴けない 

アマゾンは書籍朗読アプリであるAudibleも扱っているわけですが、Fireタブレットではなんとこの機能が使えなかったりします。
アマゾンが提供しているサービスでありながら、アマゾンのタブレットで使えないのは少々謎ですが、Fireタブレットではこの便利なアプリが使えないという点において注意しておきたいところです。

内部ストレージが少ない 

価格が安い人気モデルであるFire7、Fire HD 8 は内蔵ストレージが8GBか16GBの2つの種類しかなく、更に機能的に必要となり初めから組み込まれてシステムファイルがある事から、例えば8GBのものであっても実際に使えるのは5GB強というように少ないです。
今後多くの書籍や音楽・動画の閲覧をしていくというのであれば、ストレージ拡張のためにmicroSDカードの購入が必須となります。

Fire10であれば内蔵ストレージが最低でも32GB以上ありますがこちらは値段が高く、Fireタブレットにさほどハイスペックさを求めていない場合で容量を増やしたい場合は、Fire7などの安いものにメモリを増設した方がお得です。

 

■注目すべき3つのモデルのFireタブレット

FireタブレットはFire7、Fire8 HD、Fire10 タブレットの3つのモデルのものが存在しています。

amazonタブレット「Fire7」

[価格重視で選ぶならこれ]

(スペック)

  • 価格 :\8,980(プライム会員で\4,980)
  • ディスプレイサイズ :7インチ
  • 解像度 :1024×600 (171ppi)
  • カラー :ブラック
  • メモリ :1GB
  • プロセッサ(CPU) :1.3GHzクアッドコア
  • オーディオ :モノラルスピーカー、マイク
  • 内蔵ストレージ :8/16GB
  • microSDカードスロット :256GBまで対応
  • カメラ :フロントカメラ+2メガピクセルリアカメラ(200万画素)
  • Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n
  • バッテリー :8時間
  • サイズ : 192 x 115 x 9.6mm重量 :295g

ポイント! 

Fireタブレットの中では一番安価なモデルになります。
メモリやサウンドなどといった機能は、価格が安い分他のものと比べても劣りますが、最も軽量でコンパクトなので持ち運びもしやすいです。

 

amazonタブレット「Fire8 HD」

[コストパフォーマンス最強モデル]

(スペック)

  • 価格 :\11,980(プライム会員で\7,980)
  • ディスプレイサイズ :8インチ HD
  • 解像度 :1280×800 (189ppi)
  • カラー :ブラック
  • メモリ :1.5GB
  • プロセッサ(CPU) :クアッドコア1.3GHz
  • オーディオ :Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク
  • 内蔵ストレージ :8/16GB
  • microSDカードスロット :256GBまで対応
  • カメラ :フロントカメラ+2メガピクセルリアカメラ(200万画素)
  • Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n
  • バッテリー :12時間
  • サイズ : 214 x 128 x 9.7mm
  • 重量 :369g

ポイント! 

上記のFire7よりは機能的に優れておりバッテリーの持ちやメモリに関しては最上位モデルよりも高性能にも関わらず、お手頃な価格で入手することが出来るコストパフォーマンスが最も良いとされるモデルです。
アマゾンにおいても最も売れている人気モデルで、Fireタブレットの中でも最もおススメできる製品です。

 

amazonタブレット「Fire10 タブレット」 (Newモデル)

[最上位パフォーマンス最強モデル]

(スペック)

  • 価格 :\29,980
  • ディスプレイサイズ :10インチ
  • 解像度 :1920 x 1200 (224ppi)
  • カラー :ブラック、 シルバー、ホワイト
  • メモリ :1GB
  • プロセッサ(CPU) :1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア
  • オーディオ :Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク
  • 内蔵ストレージ :32/64GB
  • microSDカードスロット :256GBまで対応
  • カメラ :フロントHDカメラ+2メガピクセルリアカメラ(500万画素)
  • Wi-Fi:デュアルバンド a/b/g/n/ac
  • バッテリー :10時間
  • サイズ : 262 x 159 x 9.8mm
  • 重量 :500g

ポイント! 

大きな画面で高い解像度で本や動画などを楽しみたい場合にオススメです。
こちらのものは上記2つのようにプライム会員での割引というのはありませんが、10インチタブレットの中だと比較的安い部類に入ります。
ちなみにカメラについても他の2つのタイプとは違い500万画素なので、画質もかなり綺麗になります。

 

■Fireタブレットに便利なオススメ周辺機器・サプライ

Fireタブレットを利用する際はmicroSDカードはマストアイテムになってくるのはもちろん、その他保護カバーや保護フィルム充電器などもあると便利です。

 

●microSDカード(Fireタブレット容量増設)

今後も本や動画の閲覧メインで使っていくというのであれば、microSDカードの容量はなるべく大きなものを選ぶようにしておきたいところですね。

microSDカード64GB

値段は約4000円程度です。

 

microSDカード128GB

こちらは1万円程度になります。

 

 

保護カバー(Fireタブレット用)

保護カバーは本体を守るだけでなく、スタンドとしても機能します。
microSDカードよりも必須とまでは言わないものの、やはり保護カバーに関しても購入しておきたいところです。

Amazon Fire HD 8 (Newモデル) 用カバー

ブラック・イエロー・オレンジ・パープル・ブルーの5色の中から自分好みのカラーを選ぶことが出来ます。

 

Amazon限定 アマゾンボックスデザイン

アマゾンの梱包材として使われる段ボールをイメージした見た目になっており、遊び心満載でおしゃれなのがポイントです。

 

 

保護フィルム(Fireタブレット用)

保護フィルムは本体の画面を保護する役割がある他、光の反射を抑えるものや液晶の鮮明さを維持させるもの、ブルーライトをカットするものなどがあったりします。

 

反射防止 保護フィルム

光の反射をおさえる反射防止保護フィルムです。
ちらつきを抑え鮮明な画質をそのまま楽しめます。

 

ブルーライトカット保護フィルム

ブルーライトカット機能を持つ目に優しい保護フィルムです。
その他衝撃吸収、反射防止、抗菌、気泡レス機能があります。

 

 

充電器(Fireタブレット用)

外出先などでも使用する機会が多いのであれば、充電器も持っておくと便利です。

▼Amazon PowerFast急速充電器(9W)

【便利】Fire TV Stick(Fireタブレットをテレビで出力)

お持ちのテレビにHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、AmazonビデオHulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめます。
こちらも必須アイテムではありませんが、大画面で映画などを楽しみたい場合にあると便利です。

Kindle本やプライムビデオなどアマゾンサービスの利用が多く、そしてなるべく安価なタブレットが欲しいというのであれば、是非Fireタブレットを購入しておきたいところです。
手に入れるなら「amazonプライムデー」などセールの時もお得ですよ!

おすすめの記事

amazonプライムビデオが急激に面白くなってる!?利用方法などわかりやすく説明!

ContentsAmazonプライムビデオとは?Amazonプライムビデオを見てみよう!Amazonプライムビデオの面白くておススメな理由!Amazonプライムビデオを迷ってる人は?色々ある中Amaz ...

超切れる「TRUSCO テープカッター TEX-226」を買ってみたし。

最近、段ボールで梱包することがたまにあり、梱包用にテープを貼ったり切ったりする「テープカッター」を買ったんです。 これ↓ セキスイ STSテープカッター OPPテープ用   使ってみたんだ。 ...

最近購入したのも♪

最近購入したもの また後日紹介していこうと思います。 任天堂SWITCHのスプラのバケツをするのにホリパッドこれを買ってみたのですが、ジャイロな僕には向きませんでした・・・ また後日紹介していこうと思 ...

【amazonプライム徹底解析】amazonプライムは入った方がお得?

amazonプライムを知っていますか?amazonに年会費を支払って有料会員になることで、お急ぎ便が使えたり、動画や音楽が自由に視聴できたりと様々な特典があります。でも、わざわざ年会費まで払ってまで入 ...

【最新】2018年人気ゲーミングマウス10選を選ぶ!

ゲームで勝つためには所持しているパソコンのスペックが重要ですが、それ以上に大事だと言われているのが入力デバイスであるマウスです。 この入力に直接かかわる肝心のマウスが合っていなければ、思い通りの操作が ...

-amazonプライム

注目の記事はコチラ!!

1
【高画質1080p60fps】最新ゲームキャプチャー比較レビュー!

ゲーム実況をするのに高画質でキレイな配信をしたいと思いませんか。 今回はゲームを録画やライブ配信するためのゲームキャプチャーボードをそれぞれ比較レビューしてみました。 Contents今回比較したゲー ...

2
【2018年セール目玉商品】amazonプライムデーいつ?タイムセール祭りとは?

皆さんはamazonプライムデー(夏の大セール)に毎年参加されていますか? amazonプライムは通常に購入しても安くて早くて便利です。 しかし、amazonプライムデーはかなりヤバいこと(良い意味で ...

3
【最新】YouTube・Twitchで高画質な編集動画をアップロードする具体的な方法

  職業になるほどのYouTuber。実況などを本業として目指される方もいますが、ユーザーは動画をどうやって選んでファンになっていくのか? やはり1番は実況者のトークで決めています。そして2 ...