amazonセール

Amazon『Fire TV Stick』第2世代の特徴や気になる点をご紹介

更新日:

今回はAmazonが販売しているFire TV Stick(第2世代)についてご紹介したいと思います。

このページでは

  • Fire TV Stick(第2世代)の特徴やポイント
  • Fire TV Stick(第2世代)の気になる点
  • Fire TV Stick(第2世代)レビュー

を説明しています。

合わせて見ておこう

【Amazonタイムセール祭り】のご紹介

 

Fire TV Stickとは?

Fire TV StickはAmazonが独自で販売している端末です。

大きな特徴はテレビのHDMI端子に繋いでWifiに繋ぐと動画やネットがテレビで見れるのようになると言う大きな特徴を持っています。見られる動画に関しては主にAmazonプライムのビデオやHulu、Netflix、AbemaTV、DAZN、dTV、U-NEXTなどです。

ただし、YouTubeに関しては専用アプリが無くFire foxなどWebブラウザを通さないと見ることが出来ません。これには理由があって現在、amazon とgoogleの間で対立が続いておりその対立の影響でGoogleの配下であるYouTubeの専用アプリが出ておらずブラウザなどを通して見るしかない状況となっています。

 

主なスペックや仕様

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

  • 解像度:1080p
  • オーディオ:Dolby Audio
  • OS: Fire OS
  • メモリ1GB
  • ストレージ:8GB
  • 価格は¥3,980円(2019年9月現在)

なお本体の利用自体は〝無料〝ですがHuluやNetflixなどで動画を見る場合は各配信メディアごとに契約が必要となります。

 

Fire TV Stick(第2世代)の良いところ

テレビに繋ぐだけで手軽に動画やネットが見られる。

本当に単純にテレビの、HDMIに挿すだけなのでWifi環境とテレビがあれば手軽に動画やネットを見ることができます。

持ち運びが簡単

USBメモリを少し大きくしたくらいのサイズなので持ち運びも自由です。

出先ででもテレビのHDMI端子とwifi環境があれば手軽に使うことができます。

 

Fire TV Stick(第2世代)の悪いところ

YouTubeが見づらい

先程も言った通りFire TVにはYouTubeの専用アプリがありません。

そのため、Firefoxなどのブラウザを通して見るしか現状方法がありません。

4K動画は微妙

テレビにはよりますが4K対応モデルではない為、4K動画を見た際はテレビによっては少し眠い画像(ボヤけた感じ)になって微妙かもしれません。

もし4K動画を見る感じでしたら4Kモデルを購入することをおすすめします。

 

レビュー

実際に使ってみた結果、まずテレビに挿すだけでHuluとかNetflixを見る事が出来るのがかなり大きいと思いました。

これまでは見ると言ってもタブレットやパソコンなど比較的画面が小さいものばかりでアクション映画などは迫力に欠ける点が多くありました。

ところがFire TV Stickであれば本体をテレビのHDMI端子に刺して見る事が出来るため大画面で映画などが観れるので素晴らしいですね!

音に関してもテレビから外部スピーカーに繋げば迫力のサウンドで見ることもできます。

実はこれに似たような機器があってそれはJ:COMなどケーブルテレビ会社が出ているSmart TV Boxと呼ばれる機器です。

もともとはSTB(Set Top Box)と呼ばれる有料チャンネルを見るための機械ですがそれにandroidを搭載してFire TV Stickと同じようにネットやHuluなどの動画配信サービスを利用することができました。

ただ大きな違いはSmart TV は持ち運びが不可と言う点でした。

もともとはSTBなのでテレビのアンテナ線を繋いでおく事が前提なのでもちろん持ち運びは難しく運べたとしても運んだ先がケーブルテレビを導入していなければ見ることはできません。

それを一気に解決してくれたのがこのFire TV Stickです。

これであればテレビとwifiがあればホテルでも友人の家でも何処でもネットや動画が見ることができます。

ただ大きな欠点としてはYouTubeが見辛いと言う点ですね。

先程のSmart TV Boxはandroid搭載と言う事もあってYouTubeの専用アプリがありました。その為、YouTubeは比較的に見やすくなっていました。

恐らくこれが最も大きな欠点かと思われます。

それ以外に関しては4Kに対応していないと言う点を除いては問題は無いかと思います。

ただし、4K対応のテレビで見る場合は少し物足りないところはあるかもしれません。

もし4Kテレビをお持ちでしたら4K対応のFire TV Stickを選ぶことを強くおすすめします。

以上がレビューでした。

 

気になるところ

最後に設置に当たって気になるところをお話ししたいと思います。

HDMI端子がないテレビの場合はどうする?

最近ではあまりないですが古いテレビなどではHDMI端子が搭載していないケースが多くあります。

この場合はHDMI対応のテレビに変えることをおすすめします。

HDMIから変換するアダプターのような物が出回っていますが実際な使うことも出来るようですがイマイチ信頼性が低いところがあります。

そのため、HDMI端子がテレビにない場合はHDMI搭載のテレビを購入されることをおすすめします。

NHK受信料って発生するの?

本体はテレビ放送を受信する機器ではないので発生しません。ただし取り付けるテレビが放送が受信できる物であれば発生します。PCモニターなど放送が受信できない物であれば発生しませんので心配する必要はありません。

2019年現在の放送法における受信料契約は放送が受信できるテレビ本体とアンテナを設置した場合のみに契約義務が発生するだけなのでPCモニターなど受信機能がないテレビにFire TV Stickを取り付けても受信料の支払いは必要ありません。

 

以上がFire TV Stick(第2世代)の紹介でした。もし購入を検討されているようでしたら参考になれば幸いです。

Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属

-amazonセール

Copyright© ジャンクライフ , 2019 All Rights Reserved.